log in 
sign up
My language
  • China
  • Indonesia
  • USA
  • Brazil
  • UK
  • Italy
  • Holland
  • Spain
  • Portugal
  • Germany
  • Finland
  • France
  • Poland
  • Russia
トップに戻る
Last Update:
25.Sep.2019

AKB48、『ワンダ 金の微糖』新TVCMでディスコのステージを再現!
2015-11-10

Pick up+

RSS
Top > Pick up+ > AKB48、『ワンダ 金の微糖』新TVCMでディスコのステージを再現!
< . 1 2 3  ... 626 . >

AKB48、『ワンダ 金の微糖』新TVCMでディスコのステージを再現!

2015-11-10
AKB48 / TV / CM

国民的アイドルAKB48がCMキャラクターをつとめるアサヒ ワンダの新TVCM『男の輝き』編が、11月10日(火)より全国でオンエアされる。

今回のCMでは、『ワンダ 金の微糖』を飲んで「いちばん輝くひととき」を楽しむサラリーマンの様子を、90年代の華やかなディスコの世界の盛り上がりで表現している。そんなサラリーマンを応援するのは、ディスコのお立ち台で元気よく踊るAKB48のメンバーたち。ディスコミュージックを意識して制作されたAKB48の楽曲「ハロウィン・ナイト」にあわせて、全国のサラリーマンを応援していく。

なお、地域別のCMでは、冒頭にメンバーが「○○○のみなさん!」と呼びかけるカットがあり、北海道、東北、北陸、関東、中部、関西、中国地方、四国、九州の計9タイプに対応して制作。関東、中部、関西、九州では、それぞれの地域を応援するメンバーが前方に立って出演しているほか、CM冒頭の背景も4つのエリアごとの有名スポットに差し替わるという。全国のサラリーマンにいちばん輝くひとときを届ける新CMに注目だ。

■ワンダ 金の微糖 CM 「男の輝き」編 15秒 AKB48


CMのシーンで指原莉乃と柏木由紀は、お立ち台の上でのダンスにも挑戦。指原は「お立ち台はいい女しかのぼれないところ」と喜んでいたものの、「実際に立ってみるととても狭いところで踊るのが怖かった」との反応も。後ろに体を支えられるポールがついていたものの、初めてのお立ち台体験で不安もあったようだが、演技は不安を感じさせない堂々としたものだった。

また、撮影ではAKB48メンバーが自由な振り付けで「ハロウィン・ナイト」を踊っているが、「手拍子なしで自由に」という撮影シーンでも、つい条件反射で手拍子をつけて踊ってしまうメンバーがちらほら。なかでも松井珠理奈は手を上にしてパパン!下にしてもパパン!と手拍子がいらないことを忘れてノリノリでダンス。のちほどメンバーから指摘されて気づき、照れ笑いを浮かべていたという。

サラリーマンを先頭に、後ろでAKB48のメンバーたちが踊るシーンでは、ダンスのバリエーションをつけるなかで「誰か片手を上げて"フォー!"って感じのをやってほしい」という指示に、AKB48メンバー全員がすぐさま目線を向けたのは宮澤佐江。その信頼はばっちり的中し、見事一発OKとなったという。



Links:
AKB48 オフィシャルサイト