log in 
sign up
My language
  • China
  • Indonesia
  • USA
  • Brazil
  • UK
  • Italy
  • Holland
  • Spain
  • Portugal
  • Germany
  • Finland
  • France
  • Poland
  • Russia
トップに戻る
Last Update:
11.Apr.2018

武瑠1stソロアルバム「I 狂 U」リリース記念・武瑠&KERWIN対談インタビュー
取材・文: Jenni
写真: Jenni

special features

ケルウィン:すごく面白いよね。しかも、この曲は何かのために作ったわけではなくて、なんとなくイメージがあったもので。僕のエレクトロなイメージはなく、クラシックな音ともっと人間の暗い部分を入れて・・・作っていたのが深夜だったから、そういうイメージがメロになっていったんです。

武瑠:聴いたその場で何回も流してもらって、ピアノで弾いてみたりもしたね。

--- メロディはその場で作っていたんですか?

武瑠:いえ、別です。途中まで出来たデータをもらって、メロを入れて送り返して・・・。

ケルウィン:もともとベースがあって、それを武瑠に聴かせたんです。そこから、「こういうのやってみた」と武瑠からデータをもらって・・・2人で作業していくうちに出来た曲です。

武瑠:完成版は2人で聴いたわけではなかったけど、俺は良いのが出来たと思いましたよ。でも、ケルウィンが「良い」って言ってくれるかドキドキしてた(笑)。歌詞も途中までだけど、一緒に送ったね。

ケルウィン:その歌詞を読んだとき、自分のイメージのままの詩だとビックリしました。自分自身の中では、そもそも「灰色の世界からの目覚め」というテーマがあったんです。

武瑠:それに、自分は「アルバムの最後には、"東京の灰色の夜が明けていく"というイメージの曲を入れたい」と思っていたので、この話を聞いた時、まさにピッタリだと思いましたよ。思ったことをうまく表現できない日本人は、メールやLINEといったツール・武器がないと、素直に意見を言えなかったりするので、そういう人たちの内に籠っているもの、それを東京の内にある寂しさとして表現したかったんです。

--- なるほど。今回コラボレーションをしてみて、今感じることは何ですか?

ケルウィン:今回、経験する事があったんです。武瑠は歌の作り方をはじめ、色んなことを別なスタイルで経験しているので、俺はまったく違うスタイルで出身も違うから、意見を聞ける事は聴いて、それ含めスタイルを超える成長しようかなって思えましたね。

武瑠:それ、ハンバーグ屋さんでも言っていたね。

ケルウィン:うん。俺は、自分の中に強い気持ちがあるから、他の人の意見をあまり受け入れられないというか・・・型にハマりたくないから、ガードがあるんだよ。でも、音楽活動をしてくうえで、武瑠には色んなキッカケをもらっているから、素直に成長していこうかなって。

--- そして、成長した2人のコラボレーションが実現する日を楽しみに、というところですね。では、最後にファンに向けてメッセージをお願いします。

武瑠:CDを買わなくても、ダウンロードしなくても、無料で音楽が聴ける。作る物への愛情が強い分、音楽に価値がなくなっていくことが悲しいと思う時期もあったんです。でも、本当に良いものを出して、本当の意味で繋がれたら、海外まで会いに行けるだろうし、良い景色が作れるんじゃないかと信じています。アーティストとしての未来を、これから切り開いて行こうと思っています。

ケルウィン:今回の曲は、わざと作らず、出来たままの素直なトラックにしています。なので、聴いて、何かを感じてくれればと思います。

Related articles