log in 
sign up
My language
  • China
  • Indonesia
  • USA
  • Brazil
  • UK
  • Italy
  • Holland
  • Spain
  • Portugal
  • Germany
  • Finland
  • France
  • Poland
  • Russia
トップに戻る
Last Update:
13.Aug.2019

Sayulee musicJAPANplus 初登場インタビュー
取材・文: kaanko

special features

★初めて行ったライブは誰のライブですか?

NZ高校時代に行った、小さなライブハウスでインディーズバンドのライブ

★初めて買ったCDを教えてください。

初めて自分で買ったCDは正直覚えていないですけど、買ってもらったのはマイケルジャクソンだったような、、、笑

★シンガーソングライターになろうと思ったキッカケはなんですか?

生きる使命があるとするなら、それは私にとっては歌うことであると思えたから。

★曲を作る際、どんなものにインスピレーションを受けますか?

人生と人間そのもの。
自分の人生を通して学んだ事や大きく心を動かされた出来事だったり。友達や周りの人生を見て、私がその人の立場だったらどうなんだろう?っと考えた時の言葉や感情だったり。人のためになる曲を作りたい動機が常にあるから、どうしたら励ましになるだろう?あの人はどんな言葉が必用としてるんだろう?っと考えちゃっている自分がよくいる事に気がつきます。

★歌詞をかく際に気をつけていることは、どんなことですか?

一人の世界で作詞をしていると、すごく深い意味を歌詞に入れたりして、逆に深すぎて暗号っぽくなっちゃって、本当に届けたかったメッセージに気がついてもらえない事がよくあるみたいです。

だから人にまずは聞かせて、どう受け止めるのか、その第一印象の感想を大事にしています。「補足的に歌詞の説明をしなければいけない=伝わっていない」なんだと捉えて、もっと分かりやすいように、もっと伝わるようにします。自分の作品を客観視するのが不得意みたいなので、、、笑
そして、洋楽育ちと言う事もあり、どちらかというと音重視な時もありますね。歌ったときの聴こえ方、響きはすっごく大事であると思っています。

★シンガーソングライターとして活動していてよかったと思うことはなんですか?

辛くなって諦めた方が楽だな、って思う時は正直よくあるけど、必ず絶妙なタイミングで「Sayuleeさんの曲/歌で元気になれました」とか「癒されました」とか、ファンの方から素敵な言葉をかけられます。その度、やっぱり歌っていてよかったな!と、また歌を始めた理由の原点に戻れますね。その人の人生に触れる事ができたのかなって思える時は本当に幸せです。

★逆に、辛いと思うことはなんですか?

現状の活動にジレンマは感じますね。
音楽制作や歌う事のみに没頭していたいけど、歌を世の中に届けるためのプラットフォーム作りもしていかなければ行けないと。
私の場合はアーティストとして活動するため、そして続けられるためには、実際に歌ったりギター弾いたり、作曲したりする時間がびっくりするほど短くて少ないです。音楽活動に対する音楽以外の「仕事」がとんでもない量なので、実際にはかなり地味な作業ばかりです(笑)。音楽をやりたいのに実際には全然音楽できてないじゃ〜ん!!っとフラストレーションに感じてしまう事もよくあります。

★制作に行き詰ったときにすることはなんですか?

正直な話、制作で行き詰まる事はあまりありません。
どちらかというと、忙しい中で制作の時間を用意する事の方が難しいので、制作の時間を作れた時はかなり早くメロディーは決まりますね。
作詞では、たまに行き詰まりを感じてしまう事はあるけど、その場合はちょっと時間を置いてまた見てみるとフレッシュな視点で新しいアイデアが出て来たりします。書いている環境を変えてみたり、ちょっとした休憩をとる事でだいたいの場合は解決できますね! ま〜制作に向き合っている時間がそんなに多い訳でもないから何でしょうね。毎日毎日制作していたらきっと行き詰まってしまうだろうけど、、、、逆にそれを経験してみたいくらいです(笑)


Go to top Go to top