log in 
sign up
My language
  • China
  • Indonesia
  • USA
  • Brazil
  • UK
  • Italy
  • Holland
  • Spain
  • Portugal
  • Germany
  • Finland
  • France
  • Poland
  • Russia
トップに戻る
Last Update:
02.Dec.2019

BREAKERZ 15th Single『WE GO』 リリース記念インタビュー
取材・文: Misaki

special features

SHINPEI:BREAKERZとしてデビューしてから、ベストアルバムを出すまでの5年間は、すごく短いスパンで、リリースやライブを繰り返してきました。それは凄くありがたいことなのですが、これからのBREAKERZを考えた時に、一度、リフレッシュする必要があると思っていて...。そんな時に、ソロ活動を行ったので、メンバーそれぞれのBREAKERZに対する気持ちや、「新しい曲を作っていきたい」という意欲は、改めて強くなったと思います。そういう意味では、「フレッシュ感」を、持って帰って来られたんじゃないかと思います。

DAIGO:ソロ活動中は、本当に色々な経験をしました。客観的にBREAKERZを見ることもできましたね。BREAKERZとして突っ走っていた時は、自分の背中が見えない...いや、鏡を置けば見られるかもしれないですけど...

――物理的には見えるかもしれないですね(笑)

DAIGO:でも、ずっと鏡を見ているわけにはいかないですから(笑)。BREAKERZとして活動している間は、自分たちを客観的に見ようとしても、見えていなかった部分があったので、ソロ活動中は、バンドについて、色々と考えることが出来ました。だから、今回のソロ活動は、バンドにとって必要な時間だったと思います。

――そんな時間を設けられたのも、待っていてくださるファンの方がいたからこそですね。

DAIGO:そうですね。なので、待っていてくれたファンのみんなに、「BREAKERZを待っていて良かった」と思ってもらえるような音楽やライブをやっていきたいです。これが、一番の恩返しだと思うので。

――ちなみに、ソロ活動を経て雰囲気や印象が変わったメンバーさんはいますか?

DAIGO:凄く大きな変化があったわけではないけれど、それぞれが、更に優しくなった気がしますね。それに、ミュージシャンとしてすごく逞しくなりました。それぞれがちゃんと成長した結果、「優しさ」と・・・やっぱり「勇気」を持ちあわせて戻ってきたな、と。

メンバー:(笑)

――(笑)。BREAKERZは、「優しさ」と「勇気」を兼ね合わせたバンドになった、と。

DAIGO:「優しさ」と「勇気」は、人を強くしますからね。3人がそれぞれのスタンスでソロ活動をしてきて、いい意味で、その2つをバンドに持ち帰ってこられた。それがバンドの強さになったと思います。


【シングル『WE GO』について】
――今回リリースされるシングル『WE GO』ですが、このタイトルは、やはり今回の再始動をイメージしているのですか?

DAIGO:そうです!「再始動」の一発目にふさわしい楽曲を書きたくて、みんなで楽曲を持ち寄った結果、この曲になりました。3人である、BREAKERZであることを、表したかったんです。それと、メンバーとファンのみんな全員で、BREAKERZである、と。「皆でまた改めて進んでいきたい」という思いを込めて、『WE GO』というタイトルにしました。ひとりじゃ何も出来ないけど、みんなで集まるととてつもないパワーになりますからね。だから、これからBREAKERZを知るという人も巻き込んでいけるようなパワーをもった楽曲にしたかった。新生BREAKERZの名刺がわりとして、この曲を渡す。『WE GO』は、それくらい大事な一曲です。

――そんな強い思いがこもったこの楽曲は、DAIGOさんが作詞作曲されたものですね。

DAIGO:原型は僕が作って、基本的なアレンジはSHINPEIが担当しました。俺が最初にアコースティックギターを弾いて、そのデータをSHINPEIに送って、SHINPEIがトラック分けをして...


Go to top Go to top