log in 
sign up
My language
  • China
  • Indonesia
  • USA
  • Brazil
  • UK
  • Italy
  • Holland
  • Spain
  • Portugal
  • Germany
  • Finland
  • France
  • Poland
  • Russia
トップに戻る
Last Update:
25.Sep.2019

KAELA presents 『CHRISTMAS ~Say ho-ho-ho!!~』LIVE @ 昭和女子大学 人見記念講堂
取材・文: 永堀アツオ

special features

 驚きは楽器の編成だけではなかった。「8EIGHT8」ではレーザー光線が飛び交う中、8人のダンサーが登場。16本の腕がスパイダーのように蠢き、ダンスミュージックへと生まれ変わった「Yellow(remix version)」「マスタッシュ」で観客を躍らせた後、カエラは、「挑戦を忘れちゃいけないと思って、ちょっと前から練習を始めたの。今日は、私が今、挑戦してるものをみんなの前で披露したい」と語り、「リルラ リルハ」をアコギの弾き語りで披露し、大きな喝采を浴びた。ストリングスによる流麗な調べとファットなベースラインが融合した「TODAY IS A NEW DAY」、パントマイマーが動きで曲の世界観を伝えた「EGG」と、深みと広がりが増した歌声で前向きな希望に満ちた風景を描いていった。
 その後、カエラはライブでおなじみのアップナンバーをEDMにアレンジした「TREE CLIMBERS」「sonic manic」で会場を盛り上げ、オールドスクールのR&Rに今日的なエレクトロの音色を加えた「BEAT」で本編は終了。最後の最後に、カエラはこの日初めて、エレキギターをかき鳴らした。

 アンコールでは、トナカイのツノをつけたバンドメンバーがひくソリにサンタ帽をかぶって登場。ピアノが弾む「Magic Music」を飛び跳ねながら歌い、「クリスマスという大切な日を私と過ごしてくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝え、「今日はクリスマスだから、あの歌を歌いたいと思います。みんなに幸せが訪れますように」と語り、一人一人のお客さんの顔を見つめながら、ジャジーなピアノに合わせて「happiness!!!」を高らかに歌い上げ、何度も「また会いましょう」と手を降って、笑顔でステージを降りた。

 新たな誕生や生まれ変わりを想起させる「EGG」のリリースがあり、デビュー以来、数多くのステージを共にしてきたバンドメンバーとはまた異なる編成で、ソロのアーティストとしての表現の拡大を求めた9月9日の初の渋谷公会堂フリーライブ【GO SHOW TIME】を経て、さらなる進化と成長を見せてくれた彼女。


Go to top Go to top